JPKトラスト株式会社

TEL.0776-63-5473

受付時間 9:00〜17:30

お問い合わせ

BUSINESS COLUMN 賃貸経営情報

  1. ホーム
  2. 賃貸経営情報
  3. トレンドデータ
  4. アパート融資で利益相反か!?

アパート融資で利益相反か!?

「アパート融資で利益相反か 建築業者から顧客紹介料」
2017年4月の記事です。地方銀行が建築業者を紹介し手数料を受け取っている事を金融庁が「利益相反」の疑いがあると判断したという内容です。この記事から2年近くが過ぎ、思い浮かぶのはスルガ銀行問題です。不動産投資は、金額も大きく担保も取れることから当時の銀行としては融資し易い案件であり、建築業者とビジネスマッチングすれば、手数料収入も稼げます。
個人的な意見としてこの制度の問題点は、顧客の立場に全くなっていないという事です。何故なら、
1.ビジネスマッチング制度を利用して、銀行側に有利な特定業者のみの紹介を銀行の顧客にする。
2.銀行は、利息と手数料収入のダブルで儲けることができる。
3.特定業者の案件なら融資条件を良くする等、銀行の信用を悪用する。
4.特定業者と組んでるわけですから、建物が高額で事業性が悪くても、根拠もなく大丈夫ですと押してくる。
5.銀行がお金を貸してくれるから、大丈夫と勘違いさせる。
などなど、段々悪口に近くなってきました💦
賃貸事業は、落し穴が沢山あります。しかし、投資家は自己責任で判断しなければなりません。信頼できるパートナー選びは必須ですね🤗(ここは宣伝です😆)

コラム一覧へ戻る